MENU

 あれは同僚とお酒を飲んで帰った時の事だったんです。
アルコールも入って酔っぱらっちゃってて、そのとき妙にエッチな気分になってしまってたんです。
前の彼氏と別れてから全然セックスはしていませんから、ムラムラした気分がとても強くなってしまったんです。
それでちょっとふざけた気分で、ノノちゃんのペットフードをあの部分に置いてみたんです。
そうしたら、可愛らしい舌でペロペロと舐めだしてきちゃったんです。
その時、凄い衝撃的な快楽が体を走り抜けていきました。
こんなに気持ち良いクンニがあるのか、そんな感じでした。
ノノちゃんは一生懸命に私のあの部分を舐め続けてくれる、余りにも気持ちよくて身を任せてしまったのです。
彼にペロペロされ続けて、そのまま絶頂を覚えてしまいました。
とっても気持ちよくなって性欲が解消されて本当にスッキリとした気分に。
火照った体で彼を抱き締めてしまいました。
なんだかいけないことをしているような気もするんだけど、それでも快楽にあがなうことなんかできません。
その日から彼に舐めてもらうことが日課となっていくのです。
欲求不満だったこともあり、そういう風にノノちゃんにペットフードを与えるのが、すっかりと癖になってしまいました。
あの部分にはちみつを塗ってみたり、バターを塗ってみたりして彼に舐めてもらうのが癖になってしまったのでした。
ペットに餌をやることによって快楽まで与えて貰えるようになって、本当に幸せな生活を手にする事ができたなって感じがしていたんです。

癒やしも与えて貰えるし、ペットを飼って良かったと充実した気持ちになっていきました。
しかしそんな充実した毎日も長く続くことがなかったのです。
ノノちゃんが突然体調不良になってしまいました。
すぐに動物病院に駆け込んだのです。

 

定番サイト登録無料
人気サイトBEST5
クンニしてくれる男性を探すなら迷わずココ!